EDITEDIT
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

good morning (2000)

good morning

01.ガストロンジャー
02.眠れない夜
03.ゴッドファーザー
04.good morning
05.武蔵野
06.精神暗黒街
07.情熱の揺れるまなざし
08.I am happy
09.生存者は今日も笑う
10.so many people
11.Ladies and Gentlemen
12.コール アンド レスポンス

※太字はオススメ、リンクは動画(YouTube)有り

お気に入りフレーズ
  • 破壊されんだよ、駄目なものは全部(ガストロンジャーより)
  • 世間様、あんたダサすぎるぜ(情熱の揺れるまなざしより)
  • 楽しもうぜ(コール アンド レスポンスより)

エレカシは、わしが日本人アーティストの中でCDを買っている数少ないアーティストの一つ。
デビュー当初は売れ線無視のB級感が好きだったが、案の定、メディアで見聞きする機会が無くなった。

しかし、1997年、テレビのドラマ「月の輝く夜だから」の主題歌として発売された『今宵の月のように』の大ヒットで見事にカムバックした。
『今宵の月のように』は間違いなく名曲で、売れた事はいちファンとしてはうれしかったが、攻撃的なB級感が好きだったわしはちょっぴり寂しかった。

その寂しさを吹き飛ばしたのがこのアルバム " good morning " 。
これこそエレカシ!こいつが宮本浩次!お帰りなさい!と思った。

エレカシは宮本浩次の才能と個性が強すぎる。
このアルバムもドラムが打ち込みだったり、ベースも宮本が録音しているためバンドとしての生生ライブ感が無く、そこが少し残念だが、それを差し引いたとしても素晴しいのだ。

一曲目の『ガストロンジャー』を始めて聴いたのは仕事中の車の中、FMから流れてきた。鳥肌が立った。
これこそ日本人の日本人によるロックだ。

七曲目の『情熱の揺れるまなざし』、ラストの『コール アンド レスポンス』も攻撃的な曲だ。
わしはアメリカかぶれではあるが、日本人で良かったと思っている。
別に、愛国心とかナショナリズムとか、右・左とかの難しい思想の話ではなく、客観的に見て恵まれた国だと思う。
しかし、最近の年金問題にしろ、オッサンもっとしっかりせえよと腹の立つ事も多々ある。
これらの曲はまさしくそんな感情を代弁してくれている。
エレカシと同世代だけに、感じてる事がストレートに伝わる。

ロックの定義は色々と幅広いが、とにかくエレカシはロックだ。

youtubeicon"コール アンド レスポンス / エレファントカシマシ"

RELATAD ENTRIES

「 スポンサーサイト 」に関連しそうな記事
「 good morning (2000) 」に関連しそうな記事

COMMENTS- -0 comments -

COMMENT FORM
※非表示(任意)
※削除・編集用
管理者にだけ表示を許可する

WHAT'S NEW- この記事と同じカテゴリ・タグの最新記事 -

Loading...
Loading...

Topics of Music in 2ch

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。