EDITEDIT
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Roots of JM #03( 90s ~)

勝手に始めた " The Roots of JM " 。
やりながら面倒くさくなってきた。
もう結論は出たし、重い腰をあげてさっさと終わらしてしまおう。
最終回は90年代。大学生の時代から 。

その前に、今日はショッキングなニュースが二つあった。
一つは松岡農水相の自殺。
いろいろな疑惑の渦中にある事は知っているが、政治の事はそれ関連のサイトさんにお任せする。
よっぽどなんだろうけど、死んではいかんよ。

もう一つは " ZARD " のヴォーカルの早過ぎる死。
特にファンというわけではないのだが、今回のお題である90年代、わしらにとっては青春ポップスのグループになるのでショックは大きい。

とにかく故人のご冥福をお祈りします。



さて、大学に入り軽音楽研究会に入部し、さらに音楽漬けの毎日となった。
先輩や同期、後輩、他の大学のバンドの演奏を通して様々なアーティストを知った。

わしは夏合宿の最中に起きた、ある前代未聞の出来事からベースをする事になった。(クラブ活動の話題はまた別の機会に書かせてもらいます。)
わしの耳はギター用になっていたため、最初はベースの音を聞き取るのに苦労した。
耳がベースに慣れてくると Funky な曲調を良く聴くようになった。
" James brown "," K.C. & The Sunshine Band ", " Sly & The Family Stone "," Funkadelic "等など。
断っておくが弾けるわけではないよ。

社会人になり東京に住んでいた。
一人暮らしの独り者、東京には物が溢れている。
CD屋に行けば、知っていようが知るまいが自分会議もせず買いまくった。ジャケ買いなんか得意技だ。
案の定、今現在、それらのCDを手にする事は全くない。
会社の先輩にも音楽好きがいたが、わしはアメリカ派、一人はイギリス派、もう一人はジャーマンメタル派で全くもって話が合わなかった。
ジャーマンメタル派の先輩は、わしが聴くハードロックやメタルのアーティスト、ついでにわしの事をオカマ野郎と呼んだ。
三人でよくコンサートにも行った。
それぞれの趣味でチケットを買うので、名前は知ってるとか、ヒットした曲以外は知らないとかいう外タレも多く、コンサート前日に先輩の家で酒を飲みながら予習する事もしばしば・・・。
でもやっぱり覚えられなかった。

90年代はいわゆるグランジの年代。
バブルが崩壊し、日本中がどんよりしてた頃、アメリカからピッタリな音楽が入ってきた。

マイナスの強力なパワーを前面にだした感じが時代にマッチしていたのだろう。
今振り返ると、わしには合わないジャンルだったな。
東京という華やかだが、殺伐とした大都会で一人暮らしをしてた頃だから聴けた気がする。
今のような喉かな田舎町に住んでると風景と音がミスマッチで気持ち悪くなる。


と、まあ、ここまでいろいろ思い出して書いてみたが、わしの音楽嗜好は80年代で決まり、90年代の前半から世の中のヒットチャートとは縁遠くなってしまった。
この先どんなアーティストを好きになるか分からないが、そこら辺の親父さん達のように青春ソングで終わっちゃうんだろうなぁ。
そう言えば最近、八代亜紀の歌って良いなと思った。
わしの音楽嗜好の行き付く先は演歌なのだろうか。

RELATAD ENTRIES

「 スポンサーサイト 」に関連しそうな記事
「 The Roots of JM #03( 90s ~) 」に関連しそうな記事

COMMENTS- -0 comments -

COMMENT FORM
※非表示(任意)
※削除・編集用
管理者にだけ表示を許可する

WHAT'S NEW- この記事と同じカテゴリ・タグの最新記事 -

Loading...
Loading...

Topics of Music in 2ch

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。