EDITEDIT
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Roots of JM #02-3( 80s )

今回は86年から89年。わしが高校生の時代。
中学でメタルの洗礼を受け、だんだんと彼らのルーツをたどるようになる。
Motley Crueが「わしらAerosmithに影響受けたよ。」と言えばエアロを聴き、「Cheap Trickが好きだった。」と言えばチープとリックを聴いた。
実際、彼らのそういった発言から低迷していた過去のバンドが注目され、見事に復活をとげた。

エアロスミスはメチャクチャハマった。
ブルースッぽい曲ってかっこいいなぁ(子供の言うブルースだけど)と思い始めた。

そんなエアロと70年代に人気を二分していたKISSはどうなんだろうと思い、メイクをしていた頃のKISSを聴いてみた。
メイクの奇抜さで誤解をしていたが、これまた聴きやすいアメリカンロックで好きになった。
エアロのスティーブン・タイラーが「えっとね、ボクね、ストーンズでステージアクションを学んだんだよ。」と言うので、Rolling Stonesを聴く羽目になり、やっぱり好きになる。
今度はキースが云々・・・

後はお年頃なので、反体制、反組織、パンクだ。
ブルーハーツの影響もあるが、元祖パンクの Sex Pistols, Clash ,そのルーツ New York Dolls あたりを聴いた。
ドールズがパンクの元祖とする意見もあり、その理由も納得なのだが、パンクを完成させたのはやっぱりピストルズだとわしは思う。
お年頃と言えば Sex,Drug,Rock & Rollのバッドボーイズロック。
HANOI ROCKSなんかカッコいいし、日本だと Red Warriors ですね。
世界でもGuns & Roses等のバッドボーイズロックがヒットしてました。

近所に変わったレコード屋があった。
もともとは小さな喫茶店、その名も " Dylan "。
Bob Dylanがいかにも好きそうなオジさんがやっていたが音楽好きなんでしょうな、そのうちレコード屋になった。
店員は普段着がヘビーメタルの若いお兄さん一人。
限られたスペースで展示されているレコード(ほぼ輸入版)が行く度に変わっている。
オジさんや店員さんの気分なのかどうか定かではないが、ある日は店内全てヘビーメタル。
知らないのや、せいぜい名前は聞いたことあるくらいのものがほとんど。
またある日はオールブラックミュージック。
そのまたある日はジャズという感じ。
オジさんはギターも上手で、わしも一瞬だけ教えてもらったことがある。
残念ながらこのお店はもうないが、おかげで様々なジャンルの曲に触れる事が出来たと思う。

この時点で、わしの音楽嗜好はほぼ決まった。
結論は、コテコテのブルースはまだ早いがブルースを基調とした土臭いアメリカンロックがわしは好きと言える。

周りから
「ピーピーピーピーうるさいんじゃー!!」
と罵声を浴びせられながら、必死で、のりピー(酒井法子)を擁護していたのもこの時期でっす。

もう時効だと思うので、酒井法子がらみのエピソードを・・・
大学に入り、わしは軽音楽研究会に入部した。
ROCKと酒をこよなく愛する男だらけの集団だ。
そんな中、
「自分、のりピーファンっす。」
など、口が裂けても言えなかった。

夏には河口湖で合宿が行われる。
毎晩のように酒席が開かれ、一年生は潰され、ボロ雑巾のように部屋に投げ込まれた。
ある夜、のりピーのドラマがある事を知ってたわしは、なんとかこの地獄を抜け出し、誰もいない部屋を見つけ、こっそりドラマを見ていた。
しかし同じ建物の同じフロアー。
見つかるまでにそう時間は掛からなかった。

部屋に入ってきたのは1コ上の H.P.というバンドのヴォーカルK先輩。
「ハァー終わった・・・何もかも・・・。」

Kさん:「・・・お前、のりピー好きなんか?」
わし: 「は、はい・・・」

しかし、Kさんの言葉に耳を疑った。

Kさん:「・・・実は、俺もなんだよ。」
わし: 「えーっ、マジっすか!!」
Kさん:「いいか、誰にも言うなよ。バレたら何言われるか・・・。お前分かってんな!!」
わし: 「ハイーーーッ」

合宿も終わり、しばらく酒とバイトと音楽の日常が続いた。
ある日、K先輩から電話が掛かってきた。

Kさん:「静岡にのりピーがコンサートに来るぞ。お前も行くか?」
わし :「はい、喜んでー。」
Kさん:「うちのギターのKも誘ったから。」
わし :「えーっ!Kさんものりピーファンだったんですか?知らなかったっす。」
Kさん:「お前、わかってんな!ナイショだぞっ!!」

こうしてヴォーカルのKさんとギターのKさんとわしの三人でコンサートに行った。
盛り上がっているコンサートの途中で、

わし :「やっぱりバックバンドの人、上手いッスよねー。」
ギターKさん:「あー、ギターの人、めちゃくちゃ上手いよー。」
ヴォーカルKさん:「のりピー、MC下手だなー。」

三人とも、のりピーだけしっかり見てればいいのに、職業病というか視点がすっかり外れてました・・・。

RELATAD ENTRIES

「 スポンサーサイト 」に関連しそうな記事
「 The Roots of JM #02-3( 80s ) 」に関連しそうな記事

COMMENTS- -0 comments -

COMMENT FORM
※非表示(任意)
※削除・編集用
管理者にだけ表示を許可する

WHAT'S NEW- この記事と同じカテゴリ・タグの最新記事 -

Loading...
Loading...

Topics of Music in 2ch

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。