EDITEDIT
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Roots of JM #02-2( 80s )

今回は83年から86年。わしが中学生の時代だ。
ミーハー精神旺盛なわしが80年代ミュージックにどっぷり浸かっていた頃だ。
プロモーションビデオがテレビからガンガン流れ始めた時期で、近所に親戚がいた小林克也の”ベストヒットUSA”、日本でも放送が始まった”MTV”(24時間放送ではなく1時間番組)、ここ広島でもFM局が開設されFMステーション片手にエアーチェック(死語?)が当時の情報源だった。

第二次ブリティッシュ・インベイジョンと呼ばれるムーブメントが起こったこの時期、アメリカのヒットチャートはイギリス勢に独占されていた。
当然わしが聴いていたのもそう。
DURAN DURAN,Culture Club,THOMPSON TWINS,ABC,Dead or Aliveなどなど・・・。
とにかく売れてる曲こそ名曲とばかりにヒットチャートばかり追いかけた。

しかし、だんだんとHard Rock & Heavy Metal路線になっていく。
きっかけはDef Leppardの3rdアルバム PYROMANIA(邦題:炎のターゲット)。
全世界で1000万枚以上のセールスを記録した大ヒットアルバムだ。
スゲー、激しいーと感じ、カッチョええと思った。
そのうち到来するのがL.A.メタルと呼ばれるアメリカ西海岸を活動の中心とするバンド達。
派手な衣装に包まれた彼らはハードでありながら明るくドライな曲調でまさに西海岸のイメージそのものだった。
ハードロックに目覚めたわしも当然好んで聴くようになった。
RATT,Motley Crue,Twisted Sister,W.A.S.P.Dokkenあたりかな。

それから今度はヒットチャートがらみではあるが、昔の曲も聴くようになる。
これはこの頃からレンタルレコードという商売が成り立ち、興味本位でレコードを聴く事が出来るようになったのが大きい。
Power Stationがカバーした " GET IT ON " 。
オリジナルは " T.REX " と知り、早速レンタル屋で借りた。
ブギーな曲はもちろん、マーク・ボランという男の魅力にはまりレコードを買い揃えた。
音楽を聴くだけでなく自分で演奏したいと思うようになったのもこの頃だな。

実際、音楽好きの友人達もそれぞれ " BEATLS " だ、 " Rolling Stones " だとヒットチャートから離れ始めたし、楽器を手にする連中も現れ始めた。(LOUDNESSやアースシェイカーをコピーしてた。)

わしも、だんだんとヒットチャートの呪縛から解かれ、自分の好みでレコードを買うようになった。

でも一番好きだったのはおニャン子クラブでしょうか。

RELATAD ENTRIES

「 スポンサーサイト 」に関連しそうな記事
「 The Roots of JM #02-2( 80s ) 」に関連しそうな記事

COMMENTS- -0 comments -

COMMENT FORM
※非表示(任意)
※削除・編集用
管理者にだけ表示を許可する

WHAT'S NEW- この記事と同じカテゴリ・タグの最新記事 -

Loading...
Loading...

Topics of Music in 2ch

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。