EDITEDIT
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEAD OR ARIVE ( 2002 )

DEAD OR ALIVE(CCCD) 陽気なる逃亡者たる君へ言う
疲れた時には孤独になれ
この世を越えてゆくものあるとせば
ココロの奥のやさしさ それがメッセージ それがメッセージ
時を越えてゆくために休め
静寂の部屋に籠もりいて
もう一度 出かけてゆけ
「 クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ- 」 より

2002年に発表された、エレファントカシマシ初のミニアルバム「 DEAD OR ARIVE 」。

この時ミヤジは、ロック・フェスティバルで共演した若い連中に刺激を受けたと語っている。
「 DEAD OR ARIVE 」、生きるか死ぬかと名付けられたように、若者のパワーと勢いに飲み込まれそうになったのだろう。

しかし、答えははっきりしている。
もちろん「生きる」んだ。
そしてミヤジのロック魂に火がついた。

このアルバムに収録されている全ての曲から「前へ進むんだ」というメッセージが読み取れる。立ち止まらず、惰性に流されることなく、自分達で前に進むんだと。
そして、外部プロデューサーではなく、セルフプロデュースという形をとった事により、自分たちのこの方向性をバンドのメンバー全員が再確認し、共有したはずだ。

今思えば、ここからエレカシは新たな戦闘体制に入ったのだと思う。



DEAD OR ALIVE / エレファントカシマシ
クレッシェンド・デミネンド

RELATAD ENTRIES

「 スポンサーサイト 」に関連しそうな記事
「 DEAD OR ARIVE ( 2002 ) 」に関連しそうな記事

COMMENTS- -0 comments -

COMMENT FORM
※非表示(任意)
※削除・編集用
管理者にだけ表示を許可する

WHAT'S NEW- この記事と同じカテゴリ・タグの最新記事 -

Loading...
Loading...

Topics of Music in 2ch

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。