EDITEDIT
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE AT THE RITZ ( 1988 )

Live at the Ritz

Hey Bo Diddley
Hey Bo Diddley
Hey Bo Diddley
I want everybody to sing
Hey Bo Diddley

「 HEY BO DIDDLEY 」 より


俺が「ボ・ディドリー」の名前を初めて目にしたのは1988年、ロン・ウッドと共演したこのライブ・アルバム「 LIVE AT THE RITZ 」だった。
当時かわいい高校生だった俺が渋いブルースのカッコ良さなど分かるはずもなかったが、それでも、 モトリー・クルー → エアロスミス → ローリング・ストーンズとロックの原点回帰に入ったころだった。
当然このアルバムのお目当てはローリング・ストーンズのギタリスト、ロン・ウッドだった。
しかし、スピーカーから聴こえてきた、ライブ・アルバムならではの臨場感の中でパワフルな歌声とストレートなギターサウンドを聴かす、この黒人じいさんに圧倒された。
大御所ローリング・ストーンズのギタリスト、ロン・ウッドでさえ霞ませてしまうこの存在感。
まさに大御所中の大御所だったわけである。失礼しました。

ちなみに、このアルバムジャケットの絵はロンが描いたもの。上手いね。

こんな映像があった。ドラムはカーマイン・アピスだって。
Bo Diddley - Hey Bo Diddley,1985

RELATAD ENTRIES

「 スポンサーサイト 」に関連しそうな記事
「 LIVE AT THE RITZ ( 1988 ) 」に関連しそうな記事

COMMENTS- -0 comments -

COMMENT FORM
※非表示(任意)
※削除・編集用
管理者にだけ表示を許可する

WHAT'S NEW- この記事と同じカテゴリ・タグの最新記事 -

Loading...
Loading...

Topics of Music in 2ch

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。