Log-in
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

ARCHIVES

2011年09月の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

September Skies

みなさま、お久しゅうございます。

暦は9月に入ったというのに相変わらず、お暑うございますね。
まだまだ夏バテ気味が続きそうです。

とは言ってみたものの、朝に漂う風や夜の虫の声、ふと見上げる空の高さには秋の気配が感じられます。

さて、ブログをほったらかしにしていた間、何をやっていたかというと、親睦です。
今日も親睦、明日も親睦。
あっちで親睦、こっちで親睦。
イエーイ!親睦! ビバ!親睦!
いやー親睦って本当にいいもんですね。

てなわけで、また、ぼちぼちブログとも親睦を深めて参りましょう。
そこんとこヨロシク哀愁。


Brian Setzer - September Skies (Live)

スポンサーサイト

スワロウテイル




1996年公開の映画 『 スワロウテイル 』。
主演は三上博史、CHARA、伊藤歩。監督は岩井俊二。

この映画、好きなんだよね。

円都(イェン・タウン)と呼ばれる街を舞台に、一攫千金を狙う違法労働者達の物語。
娼婦、貧民、麻薬に暴力。混沌とした世界。

この映画が公開された当時、東京で働いていた。
バブルがはじけて「失われた10年」といわれる真っ只中。
煌びやかな大都会に漂う退廃的な空気が妙にこの映画の世界観にリアリティーを持たせてくれた。

美しい映像もまたいい。
そして何より好きなのは音楽。

CHARA が演じる主人公グリコがヴォーカルのYEN TOWN BAND。
『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』は、いつ聴いても色褪せない名曲だ。
この曲は aiko や Moumoon といった、これまた俺の好きなアーティストもカバーしているのも嬉しい。


で、話は変わってプロ野球。
我らがカープも今年はしぶとく頑張ってくれたが、ペナントレース終盤のこの大事な時期に負けが込んでいる。一時は首位を走るスワロウテイルも他球団の背中越しではあるが、結構見える位置にいただけにもったいない。
でも、最後まで応援するからね、頑張れ!


Swallowtail Butterfly ~あいのうた~


スワロウテイル [DVD]スワロウテイル [DVD]
岩井俊二

ポニーキャニオン 2003-11-19
売り上げランキング : 1588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Fly High !! at 広島クラブクアトロ

9月22日にクアトロでのライブイベント 『 Fly High !! 』 に行ってきました。
出演は、黒猫チェルシーplenty[ Champagne ]
この若き3バンドが飛躍するという意味で Fly High !! なわけです。

俺のお目当ては黒猫チェルシー
他のバンドは正直知らなかったんです。ファンの皆さまゴメンなさい。

若い3バンドなので予想はしていたけど、客層が若い!10代の少年少女がほとんどだ。
俺は限りなく最高齢に近い。この空間では俺は天国に近い存在だった。
予想していたとはいえ、現実にその空間に身をおくのはちょっと辛かった。
まぁいい、こうなったら Fly High の Go to Heaven だ。


黒猫チェルシー

一番手の登場はさっそくの黒猫チェルシーだ。
爆音の中、動きまくる渡辺大知 (Vo) と澤竜次 (G) 。
対照的に黙々とベースを弾く宮田岳。彼イイネ!
そして見かけによらずパワフルなドラムの岡本啓佑。
荒々しくエネルギッシュで、音はもちろん、体全身で『ロック』を表現していました。
いいよ、いいよー、若いんだからこれからもどんどんはっちゃけてくれ。

黒猫チェルシー ベリーゲリーギャング


plenty

お次は plenty だ。
このバンドは3ピース。俺はこの『3ピース』という構成に滅法弱いんだ。
好むと好まざるに関わらず認めちゃうんすよ、こいつらは『ロック』だって。
それが男だろうが女だろうが、たとえ好みの曲調じゃなくてもそれだけで『ロック』なんす。
戦う前から諦めます。

さて、はじめての plenty です。中性的なヴォーカル兼ギターの江沼 郁弥の歌声が印象的でした。哀愁漂う曲調も好み。ベースも良かった。音が好き。ウィキを見て知ったけど、ドラムは脱退していて、今はサポートドラマーなんですね。
黒猫チェルシーで熱くなった会場に清涼感のある歌声が響き、クールダウンできて気持ちよかった。

plenty 「待ち合わせの途中」


[ Champagne ]

トリを勤めたのは[ Champagne ]
会場全体が一体となって盛り上がった。ほとんどの人がこのバンドをお目当てに来てたってことね。おっちゃん知らなくてスマンね。

この3バンドの中では一番お兄ちゃんなんでしょうか。落ち着いた風格のある演奏でした。他のバンドと何が違うかって一番感じたのは MC ね。やっぱこういうのは経験・場数の差なんでしょうか。

[Champagne]- 言え


そんな感じで若者のパワーに圧倒されてのライブ観賞でした。
3バンドともすでにファンを取り込んでいるし、間違いなく Fly High !! するでしょう。
plenty と[Champagne]は初めて聴いたけど plenty 良かったよ。音楽もいいけど、なんかいい子たちなんだろうなーっていう空気が漂ってた。
ちなみに嫁は[Champagne]が良かったとのこと。
ただ相当疲れたらしく、「ロックはこりごり」とも言ってました。
付きあわせて悪かった。今度は聖子ちゃん見に行こうな。

Rock'n Rouge★松田聖子

 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。