Log-in
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

ARCHIVES

2009年06月の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレカシライブ - 広島クラブクアトロ

エレファントカシマシ コンサートツアー 2009 ~昇れる太陽~




広島クラブクアトロで5月30日に行われたエレカシのライブに行ってきましたよ。
「この感動を早いとこブログに!」とも思いましたが、ライブ直後は興奮状態でブログどころじゃなく、そのうちバタバタして、すっかり落ち着き払った今頃になってしまいました。

落ち着き払ったと言っても、思い出すたびに感動がよみがえるんだけど、いやー、ほんとに素晴らしかった。

入場は整理番号順。
オレと嫁は番号的に後ろの方だったけど、そこはライブハウス。全然ステージが近いっっ。入ってしまえば後は自由ということでセンターから少し石くんよりの場所をキープ。目の前に視界を遮るような背の人もいない。(結構、女性のファンが多いのよね。)
石くんよりの場所にしたのは、きっとミヤジは石くんにちょっかいをだすだろうと思ったから。

そしてついにエレカシの登場。
「うわー!ミヤジだー!」と思うや否や、一番最初の感想は「石くん、男前やん!」。
全員、黒でビシッと決まってます。

オープニングは「 Sky is Blue 」から始まり、2曲目の「星の砂」、3曲目の「おかみさん」まで一気に続いた。
MC は少なめ。大勢の人との共通項を探すのは大変だし、言葉よりも曲を聴いてもらった方が伝わるだろうとの事。ただその分、一言一言が印象に残った。無口な人がボソッとしゃべった内容がやたら心に残るのと同様の効果でしょうか?中でも、ツアーの最初は禁煙してたけどなんだか調子悪くて、吸い始めたらバッチリ調子も良くなった話はいかにもミヤジらしくて面白かった。

曲の途中、ミヤジがトミに「もっとリズムを早く」みたいなジェスチャーをする。聴いてるこっちは気にならない程度というか、リズムの違いなんて分からない位なのに完璧を追求するストイックなミヤジを垣間見た。そして、成ちゃん、トミ、石くんの三人がアイコンタクトで直ぐにリズムを合わせるあたり、長年連れ添って苦楽を共にした同級生バンドのなせる技だ。みんな素晴らしい。

セットリストはニュー・アルバム「昇れる太陽」を中心に組まれていたのは当然ながら、 1st 収録の「星の砂」、「 BLUE DAYS 」、その他にも「悲しみの果て」等、昔の曲もやってくれた。どの曲も大好きだ。

アンコールに入るとミヤジも得意の白シャツに着替えて登場し、大ヒット曲「今宵の月のように」を熱唱。そしてなんといっても大好きな曲「風に吹かれて」をやってくれたのが嬉しかった。他にも「冬の夜」、「月と歩いた」が聴けたのは、今回のツアーの他の会場のセットリストを見てみると非常にレアだったようだ。(個人的には他でやった「ファイティングマン」なんか聴きたかったけどね。)
最後は「俺達の明日」で締めくくった。終わってしまうのは名残惜しかったが、「さあ、がんばろうぜ」と気持ちを新たにした素晴らしいライブだった。

ミヤジは自分達の楽曲、こういうパフォーマンスの場をとても大事にしているんだろう。
どの曲も一生懸命演奏し、全身全霊で表現してれる。そんな彼らの職人気質というか、その真面目さがダイレクトに伝わるから、ライブでは、今まであまり気にかけなかった曲が好きに、好きだった曲はもっと好きになる。

ミヤジ独特のダサかっこいいステージアクションも見れたし、期待通り石くんにちょっかいもだしたし、いいライブでした。ミヤジは「また会おうぜ。」の言葉を最後にステージを去った。
もちろん、また会いに来ますよ!来ますとも!

帰り道、嫁が、「Jちゃん、泣いてたでしょ。」と言ってきた。


そうかー、バレてたかー



絆 / エレファントカシマシ


スポンサーサイト

Tokyo I'm On My Way

今月の頭に連休を取り、嫁の里帰りに付き合ってきました。
ということで、おのぼりさん的に東京をぶらぶらして参りました。

初日は移動時間で費やし、夕食を嫁家族と団欒。うなぎ屋さんでご馳走になりました。

二日目、丸一日は今日だけと言うことで、まずは嫁のリクエストで嫁が昔勤めていた原宿界隈、表参道をぷらぷらして、H&Mへ。
店内はすっごい人。平日の昼間だというのに相変わらず東京は人が多いなー。
メンズは地下 1F のワンフロアーのみで速攻で見学終了。あとは延々と嫁に付き合うハメに。まぁ、予想はしてたけどね。
そしてそのお隣、FOREVER21へ。こっちはさらに凄い人。入場制限まで行われていた。
ここもメンズはワンフロアーのみ。特に欲しい物もなく、邪魔になるだけなのでオレ独り外へ出た。
タバコが吸える場所を探して歩いてると古着屋があったので、そこでジミヘンの Tシャツ等、何点か購入した。

お次はサラリーマン時代に勤めていた会社が御徒町にあったので、オレのリクエストでアメ横へ。アメ横はアジアチックで好き。ここではシルバーのアクセサリーを購入。

そんで、何か仕事に使える掘り出し物はないかと合羽橋の道具街をぷらぷらして浅草へ。
浅草は人々の生活の中に文化と歴史が感じられるから好き。
腹も減ったし、「折角だから豪華に行こうぜ!」なんて言ってると、ちょうどそこには今半本店が。値段表を見てビックリ!「これは天皇家じゃないと食えねぇだろう。」と屁理屈で嫁をさとし、カジュアルチックな今半オレンジロード店へ。カジュアルチックと言ってもそこは今半、お店の人の対応も素晴らしいし、普段の外食と言えばラーメンかお好み焼きのオレ達にとっては十分豪華ですよ。

3日目が最終日。オレだけ帰るので一人でぷらぷら。
どうしても築地で寿司を食いたかったので行った。ちょうどお昼時、同じ寿司屋でも行列の出来る店、出来ない店がある。行列に並んでまで何かを食べるという概念がないオレだけど、やっぱり折角なので行列に並んだ。それにしてもこの繁盛の差は何なんだろうか?
結局50分位並んだけど、さすが美味しかったよ。
そのまま銀座をぷらぷらして東京駅から新幹線で帰りました。

歩き回って疲れたけど、久々に東京をぷらぷらして楽しかった。ただ、いつも後悔するのが、年に一度は嫁の里帰りに付き合ってこっちに来るので、友人・知人に連絡を取ろうと毎回思うんだけど、仕事上いつも急に決まるし、平日なのでつい遠慮しちゃうんですよね。
で、やっぱりダメもとでも連絡すれば良かったと後で悔やむオレがいる。



Puffy Ami Yumi - Tokyo i'm on my way


昇れる太陽 (2009)

昇れる太陽

ごらん雲はゆったりと流れて
鳥は何処までも高く舞い上がる
俺に昇れる太陽

「今日も そう、動かぬ空!」

「 Sky is blue 」 より

エレファントカシマシのニュー・アルバム「昇れる太陽」。
全11曲中、カップリングも合わせると5曲が先行シングルで発売されているから、このアルバムがいいのは当然だし、なんたってライブ観た後だからねー、もうね、すべて良い!!

オープニングはエレカシにしては珍しいボトルネック奏法のギターで始まる「Sky is blue 」。
正に新境地、昇れる太陽。
オレもこういうスワンプな曲調は大好きなのでどストライク。

4曲目は「ハナウタ~遠い昔からの物語~」。
メロディーと歌詞がすんなりと自然に耳に入る、とても心地よいラブ・ソングだ。
焼酎の CM で耳にした御仁も多いだろう。

そして6曲目の「おかみさん」。
タイトルからして期待してた通り、ここ最近では一番エレカシらしい曲の気がする。
超かっこいいロックな曲調に、ミヤジ独特のセンスが光る歌詞が面白い。


先行シングルで小出しにされた曲を聴いてた時から、うすうす感じてはいたけど、この前のライブでミヤジが言った一言で確信できた。

「今、光が見えているんだ。その光が何なのかはまだ分からないけど。」

本人の口から聞いたんだから間違いない。

光の正体はすぐには分からないかもしれない。
しかし、エレカシはまぶしい光の方へ向かって止まることなくどんどん進んで行く。

そりゃミヤジもサングラスかけるっちゅーの。



ハナウタ~遠い昔からの物語~ / エレファントカシマシ


Don't You ( Forget About Me ) (1985)


僕のことを忘れないで
決して 決して
僕のことを忘れずにいてほしい


最近、通算15枚目のオリジナル・アルバムを発表したシンプル・マインズ。
80年代を代表する青春映画「 The Breakfast Club 」の主題歌に起用され、大ヒットしたのが、この曲「 Don't You(Forget About Me)」。

オレが、彼らの曲で知っているのはこの曲だけで、当然、持っているのもこのシングル一枚のみ。ファンの方々には申し訳ないが、ニュー・アルバム発表の情報に驚いたのが正直な感想。だけど、この曲は好きでよーく聴いてた。


 カルチャー・クラブ、ヒューマン・リーグなどと並んで Virgin レコードを代表するグループ”シンプル・マインズ”。彼らのニュー・シングルは、ジョン・ヒュースが製作、監督、脚本を手掛けた A&M フィルム作品「ザ・ブレックファスト・クラブ」のテーマ曲である。ハイスクールの若者たちを描いたこの映画には、シンプル・マインズの他、ウォン・チャン、ジェシ・ジョンソン、ジョイス・ケネディなどの曲が登場する。音楽プロデューサーは、ドナ・サマー、ビリー・アイドルなどを手掛けた他、「フラッシュ・ダンス」でアカデミー映画主題歌賞を受賞した、敏腕キース・フォーシーが担当している。
 シンプル・マインズは '78年にグループ結成。'79年4月、'80年2月、9月とアリスタ・レコードから3枚のアルバムを発表。ロキシー・ミュージック、ウルトラ・ヴォックスと並ぶ、モダン・ウェイブの代表的なグループとしての評価を獲得した。'81年 Virgin レコードに移籍し、アルバム『サンズ&ファッシネイション』を発表。'82年に発表したアルバム『黄金伝説』が、ニュー・ミュージカル・エクスプレス誌の年間人気投票で、グループ部門で2位、アルバム部門で3位に選出され、トップ・グループの仲間入りを果たした。'84年に発表した『スパークル・イン・ザ・レイン』は、アルバム・チャート1位に輝いた。'84年9月には初来日公演を成功させている。

Virgin

ライナー・ノーツより引用





Marilyn Monroe


誰もがスターで、ひかり輝く権利を持っている

by マリリン・モンロー



数々の大物スターとのロマンスやミステリアスな死。
全くリアルタイム世代ではないけれども、間違いなく彼女は永遠のセックス・シンボル。


Def Leppard - Photograph


世界に多々ある花

玄関花
玄関花 posted by (C)JunkyM

No.1 じゃなくてもいい、あなたも私も世界に一つだけの花。

でもね、この写真の花、ペなんとかって名前の花なんだけど、こいつはいっぱいある。
なんたってウチの庭だけでいっぱいあるんだから。

観葉植物キラーのウチの嫁が、唯一育てられる花だ。
全く世話をしなくても雑草並みの生命力で育ち、そこいら中に種を撒き散らし、挙句の果てには玄関のタイルの隙間から花を咲かせた。

「ど根性なんとか」って類の、ほのぼのした物ではない。
ウチの庭の環境を脅かす特定外来生物だ。


話は変わるけど、オレ、ロッチ好きなの知ってた?
ロッチ 刺青


Let It Bleed (1969)

Let It Bleed

欲しいときに必ずしも手に入りません
欲しいときに必ずしも手に入りません
欲しいときに必ずしも手に入りません
けど 努力すれば ときには
必要なものは見つけられるでしょう

「 無情の世界 」 より

ローリング・ストーンズの数あるアルバムの中から、好きなものを一枚選べと言われたら・・・

迷います。

選ばないとひどい目に合わすぞと言われたら、

これを選びます。

ストーンズのDecca 時代最後のスタジオ録音作品となった「 Let It Bleed 」。

ブライアン・ジョーンズの脱退、ミック・テイラーの加入。
ブライアンの死。
オルタモントの悲劇・・・

そんな複雑な背景の中で製作されたこのアルバムには、魔力的な何かが音に乗り移って聞こえてきてしょうがない。

戦争・殺人・レイプ、殺伐とした社会の中で「避難場所をくれ」と歌う名曲 『 Gimme Shelter 』 で始まり、生々しく大胆な性描写のアルバム・タイトル曲 『 Let It Bleed 』 、ドラッグにどっぷり浸ってた彼等だからこそ歌える曲 『 Monkey Man 』 、そしてドラマティックな構成の大作 『 You Can't Always Get What You Want 』 がラストを飾る。

アルバム全体は黒人女性のコーラス、讃歌隊など、南部のブルース、ブラック・ミュージックが色濃く出ている。インド等の民族音楽に傾倒していったブライアン・ジョーンズと方向性の違いが生じたのは仕方ない。



Gimme Shelter - The Rolling Stones
Let It Bleed - The Rolling Stones
the rolling stones - Monkey Man - Let It Bleed


 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。