Log-in
【ミクシィモバイルからお越しの方へ】ミクシィ変換のため読みにくいと思いますがご了承ください。

ARCHIVES

2007年04月の記事

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turn to Gold (1985)



邦題:君にフラッシュハート

シングル盤:「オッス!!久しぶり!!」

わし:「(だ・誰?)」

デヴィッド・オースティンって誰か知ってる?
わしこんなん買った?どんな曲なの?

全然思い出せない。

ジャッケットに書いてある文章もすごいよ。

流行先取りヤッピー少年・少女たち!これ、聴きのがしたらちょっとヤ・バ・イ!!・・・



この文章がちょっとヤ・バ・イ!!
当時のわしは聴きのがしたらちょっとヤバイと思ったのだろうか。
流行も先取りしすぎたのだろうか。

今見たらプロデュースはあのジョージ・マイケルだって。
何も思い出せない曲なので、さっそくライナーノーツより

 元気一杯、ハリキリ・ボーイ。根暗だぁなんていわれていたロンドンっ子のイメージを、いっ気に吹き飛ばしちゃったのがデヴィッド・オースティン。アメリカの青春映画のヒーローになっちゃいそうなグッド・ルッキンです。もう、マット・ディロンもケビン・ベーコンもマイケル・パレも負けちゃいそう。
 ウーン、どこかで見たことあるゾって思っている人はなかなかの音楽通ヨ。デヴィッド君は、ソロ・デビューする前は、ツアー・メンバーとしてワムに参加していて、プロモーション・ビデオにも登場したことがあるのです。
それというのも、デヴィッドは、ワムのジョージ・マイケルと幼友達で、”ヘイ、デヴィッド””ハーイ、ヨーク(ジョージの本名)”なんて呼びあう仲なんです。だから、今回デヴィッドがソロ・デビューするにあたって、ジョージはプロデュースを自らすすんで担当したのです。
 デヴィッドとジョージは、いつもお互いの夢を語り合っていたそうです。2人の夢は、もちろんポップスターになること!!彼らはまず、The Executiveというバンドを作りました。そのメンバーの中に、アンドリュー・リッジリィがいたのです。The Executiveは、結局、2人の夢をかなえることはできなかったけれど、苦い経験をいかして、ワムとして成功したのです。「ワムは、ジョージとアンドリューのアイデアで生まれたグループなんだ。僕も最初は一員として参加していたけれど、やっぱりワムは、ジョージとアンドリューのワムだって気付いた時に、自分の道を進むことに決めたんだ。もちろん、2人の力強い励ましがあったから飛び出せたのさ。」とデヴィッド。
 その後、デヴィッドは、Kudosというオランダのバンドに参加して、ヨーロッパ、極東で成功を収めました。そして、多くの経験を積んだデヴィッドは、イギリスに戻ったのです。つまり、デビュー曲の”君にフラッシュ・ハート”は、デヴィッドが自信を持って贈るナンバーなのです。
 「僕はビートルズに次いで、パルロフォン・レコードが契約した第2号アーティストなんだよ。もう嬉しくって。でも僕のヒーローはクィーンなんだ!!」目を輝かせながら、楽しそうにこう語ってくれたデヴィッド。ちょっぴり背伸びした大人っぽい表情もいいけれど、キラキラとした笑顔がよく似合うデヴィッドなのです。



はぁー、疲れた。
長文を打つことよりも、テンションが合わなくて疲れた。

さすがのYouTubeもアップされてないみたい。
検索しているとYahooオークションに出品してあった。
ただ今の入札金額250円、入札件数0件。頑張れ!!デヴィッド!!
スポンサーサイト

Somebody's Watching Me (1984)



80年代、世界中でキャーキャー言われてたのはマイケル・ジャクソン。
マイケル旋風の中、ジャーメインだのラトーヤといった兄や姉、妹が次々と登場した。

その昔、ジャクソン5なるグループが存在したことを知らなかったわしは、

ウルトラ兄弟か!!

と突っ込んどいた。

そして、ついに登場したのがこの人、ROCKWELL
な・な・な・な・なんと、マイケルのいとこ。

レオか!!

ジャケットにはデカデカと”共演:マイケルジャクソン”と書いてある。
いとこってチョットどうなん?ともウッスラ感じるけど、当時のマイケル旋風の中、こんなジャケット見せられたら子供は買っちゃうよ。
そりゃぁ、買いますとも。

今、ライナーノーツ読んだら、この人ボンボンだ。
モータウンの創設者にして当時のモータウン会長の息子だって。
んで、モータウンと契約してデビューって、なんだかなー。

でも、この曲はヒットしました。
マイケルがコーラスで参加しているサビの部分が好き。

この曲しか知らないので何とも言えないが、その後、名前を聞く機会は無かったように記憶しているので、それだけだったのだろう。

以下、ライナーノーツより

 トレイシー・ウルマン、ネーナ、シンディ・ローパー等、相変わらず新人がチャートを賑わせているアメリカの音楽シーンに、はるかに一際輝くスケールの大きい超大型新人登場!!その名は「ロックウェル」。本名はケネディ・ゴーディ。何とモータウンの創設者、現在のモータウンの会長であるベリー・ゴーディの6人中5番目の息子で現在20歳。その血筋からか、1968年にモータウンと契約してデビュー・アルバムをレコーディングしているロスアンゼルスのヒッツビル・スタジオでジャクソン・ファイブの面々と親交を持つ。以来交友関係は深まり、昨年3月25日ロスアンゼルスの派さディナ・シビック・オーディトリアムで開かれた”モータウン25周年記念コンサート”で再会したマイケル・ジャクソン、ジャーメイン・ジャクソンらに「僕らが援助するから、レコーディングしないか」と誘われ、出来上がったのが、デビュー・アルバム『スキャンダラスな肖像(SOMEBODY'S WATCHING ME)』。アルバムは全8曲、1-③「タックスマン」(ジョージ・ハリスン)を除いて全曲自作または共作ナンバーで占められ、コンポーザーとしても超一級の才能を発揮している(「ウォッチング・ミー」は勿論自作)。自ら”リズム・ウェイブ”と称するそのアルバム全体の音楽性は、マイケル・ジャクソンの持つポップ性、リック・ジェームスの持つファンク・フレイバー、そしてプリンスの持つニュー・ウェイブ・ロック・フィーリングを併せ持った、正に1984年以降の新たなブラック・ミュージックの方向性を鋭く示唆したアルバムと言える。
 全米唯一の全国紙「U.S.A.TODAY」でもGOOD LOOKS AS "A CROSS BETWEEN A MACHO MICHAEL JACKSON AND A SOPHISTICATED PRINCE"と評され、"WILL BECOME NO.1"とのお墨付きをもらっている彼は、"THE SOUND OF YOUNG AMERICA IS ALIVE AND WELL IN 1984"として今最も注目されているヤング・アメリカの代表である。
 シングル「ウォッチング・ミー」はマイケル・ジャクソンとのデュエットが実現、今大変話題となっている曲。3月3日付ビルボードHOT100でも7位赤丸急上昇中である(登場6週目)。新人として驚異のチャート・アクションを示している。マイケル以外にもジャーメイン・ジャクソンやテリー・デサリオ等が参加して話題のアルバム共々、世界各国でNo.1を記録するのも間近なようである。

Rockwell - Somebody's Watching Me
 
It's Only Rock & Roll

http://junkwebf.blog78.fc2.com/
- Link Free -
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。